婚約指輪は愛の証になる

婚約指輪は愛の証になる 最近の若いカップルにとっては結婚とは非常に大切な通過点になるのですが、自分がこの人だと思う人としっかりと愛し合い、一生一緒にいることができると思ったときに結婚するようになります。
結婚式では互いに愛の言葉をもとに誓い合った後に、男性から女性に結婚指輪をはめてあげるのですが、この時の結婚指輪に関しては愛の証となります。
結婚指輪をはめる際には神父さんがしっかりと証人となり二人の結婚を証明することになります。
さらに、結婚する前に送る婚約指輪に関しては結婚を誓いあった男女が男性から女性にプロポーズという形の約束として婚約指輪を贈ることになります。
そして、婚約指輪は女性のことを一生愛していくという誓いのもとにしっかりとはめているのですが、万が一男性の身に何かあった時には、女性が生活ですぐに困らないように婚約指輪を売却して経済的に支えていくというのが女性の中での愛の証ともなります。
このように様々な用途があることを知っておくことが大切です。

結婚には不可欠の婚約指輪?

婚約指輪を贈る意味とは、ずばり『保証』です。
まず、その後の永遠の愛を保証するものとして不可欠です。
生涯に亘ってあなただけを愛し続けます、守り続けますという誓いの証となります。
贈られた女性からすれば、生涯に一度しかもらわない貴重なものだということ、おそらく一番高価な品物であること、等々色々な意味が込められており大切に扱います。
日常で使うことはほとんどないですが、友人の結婚式で身に付ける等特別な場におけるアクセサリーとして女性を彩ってくれます。
別の意味での保証もあります。
非常に現実的な話ですが、言わば担保です。
仮に男性側に万が一のことが起きて生計を立てることが困難になってしまった、はたまた今話題の別の女性への心変わりによって家庭が破綻してしまった、等々路頭をさまようことのないように金銭面を保証するものでもあるのです。
夢心地な面と現実的な面と、言わば相対する二面性があることが、婚約指輪が不可欠とされる理由です。